佐賀の出会いとは違う印象を受けました

Posted on 05/08/2020  in 未分類

佐賀の出会いは最初のシーンにすぎませんでした。
この映画はペンギンの街のネオンの絵や海のきらびやかな絵とは違う印象を受けました。
でもペンギンを使ってシリアスな話をしたのはいいことです。
ぽっちゃりキャラで真面目さを和らげるのではなく、ぽっちゃりキャラだからストーリーの深みが際立ちます
佐賀の出会いのインパクトというよりも、ペンギンさんのキャラクターが自分で考えながら見えるのではないでしょうか。
これがバカすぎてストーリーじゃないです(^-^;

このような映画が作られた時代は本当にいいと思います。
今とは違うアナログ時代
人々は今よりも簡単で幸せなものを単に探しているように感じます。
子供の頃、大雑把な家庭で育った私は、幸せを言うために何かを探していた子供でした
佐賀の出会いは人の温かさだったのでしょうか?

0 thoughts on “佐賀の出会いとは違う印象を受けました”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です