横手の出会いを拒んだ先輩が歩いていた

Posted on 16/08/2020  in 横手

横手の出会いを見渡すと、白く覆われた雪と黒く見える岩の間が見えます
冷たい風が突き刺さるのを拒んだような気がした。
どれくらいの期間登っていますか?
雪山でどれだけの時間が経ったかさえわからないのも不思議ではありません。
空が張り出した重い雲に覆われているため、太陽の位置がわからないためです。

横手の出会いを必ず成功させるためには…

「ああ!達也[!!]何してるの!」
目の前を歩いていた先輩が大声で叫んだ。
「ごめんなさい。横手の出会いの手は温まっていた。」

先輩たちがゆっくりと近づいてきて、登山靴の裏側にある粘着性のある雪を棒でたたいて落とした。
「横手の出会いはうめき声を上げていた。それはかわいそうだ。なるほど。」
「今の天気です。早めに頂上に行かないと、吹雪になり悩みますよ!」

先輩は私をいらいらさせ、頭をたたいた。
そんな先輩の態度にちょっと腹が立った。

先輩は大学生の時は山岳部の部長で結局嫌いでした。

0 thoughts on “横手の出会いを拒んだ先輩が歩いていた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です