きちんと横手の出会いを指導しても人がいない

Posted on 16/08/2020  in 横手

横手の出会いと1人のメンバーが過度に自信を持たずに終了しました。
しかし、自分はいい指導者だと思い、きちんと指導をして、登山の知識がほとんどないメンバーを集めて従うのを嫌がりました。

あの横手の出会い…白い物体が風に揺れて空から落ちた。

横手の出会いを必ず成功させるためには…


「あぁ……雪が降り始めている。風が強くなってきた。吹雪があったら面倒なので急いで!」
それを言って、私の先輩はすぐに歩き始めました。
無関心なのに、ゆっくり歩き始めました。
さらに進むにつれ、飛び交う雪の量が増え始め、次第に風が強くなり、数メートル先まではわからなくなりました。

横手の出会いのせいで目を開けるのが難しく、断崖がどこにあるのか、山の斜面がよくわからなかった。
一歩踏み出しても崖や人はいない。

本当に雨が降った
片頭痛は現在悪化しています…
すごい(|| ‘Д`)o
残る時間は長くなります。笑
家事をする
おはようございます
最近トイレサービスが売り込まれている

0 thoughts on “きちんと横手の出会いを指導しても人がいない”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です