佐賀では別の出会いを気に入っていました

Posted on 03/06/2019  in 未分類

昨日私は別の展覧会をしました。
ブルーナ氏の展覧会を見た後
「エリックカール展」

アメリカの佐賀作家エリックカール。幼虫が食べて食べ続けて美しい佐賀になると思います。それは数と曜日を認識している絵本で、穴があいている絵本です。私が少しいたときに気に入っていました。
佐賀の出会いは楽勝スレッド

この展覧会はまだ約160のオリジナルの絵画と作品でその輝きを失っているエリックカールの世界を振り返った展覧会でした。

「カラーマジシャン」としても知られるカラフルな作品を送り出している佐賀が最も得意とする生き物をピックアップする「動物と自然」。子供たちの夢と願望、日常生活と4つのテーマに関する発見を紹介します。数、日、12ヶ月などの「旅」など。未翻訳の作品を含む昔ながらの物語と空想。ママとパパと一緒に心温まる物語を描く「家族」。単純なコラージュの世界が発展しました。

昨日は何人かの絵本作家の写真に戻ってちょっと戻った日でした。
太陽の7時ごろに起きなさい。私はいつものように朝から診察のために病院に行きます。私は買い物の後に戻ります。晩餐…サンマ、サラダ、小松菜、豆腐の煮物。ベッドで3時ごろ。

0 thoughts on “佐賀では別の出会いを気に入っていました”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です