当然慣れている横手のママ活

Posted on 23/05/2021  in 横手

疑われると失われる

ゴブタの癖にいいですね(笑)

風邪を発症した人と密接に接触したために

秋田でママ活できそうな女性 〜大館・横手・能代などでもママ活にチャレンジしよう

 

病院で隔離された人は、帰国後に病気を発症したようです。

横手のママ活疑われると負けます。

それは数十パーセントの確率のゲームであるか、魔女狩りです。

理論は100%なら理解できますが、このようなザルのように広がる理論を支持するのはおかしいと思いますが、みんなに従わざるを得ません。

あなたが疑われるならば、あなたは負けます。

ウリタの靴、洋ナシの冠

横手のママ活「毒と薬、細胞分解と発酵」

私の毒の定義は

体内に入って異常を引き起こし、死に至ることさえあるもの

体の状態を変える物質。また、症状を和らげるものも含まれます。

共通点は、体を自分の意志に反した状態にすることです。

言い換えれば、薬は毒の1つです。副作用があるのは当然です。

そもそもなぜこんなにたくさんの毒があるのですか?一つは、植物が自分自身を守るために作られたということです。正確には、たまたま毒殺されて動物に食べられなかったのは彼だけかもしれません。ユーカリは有名ですね。少し慣れていれば、人々が食べる野菜の多くはアブラナ科に属していることがわかります。キャベツの白い蝶は、キャベツの毒に強いので、キャベツに卵を産みます。横手のママ活

0 thoughts on “当然慣れている横手のママ活”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です